Kayaking Lifestyle

カヤッキングライフスタイル

スラローム公式レースの映像データをwebで共有します。「CANOE SLALOM VIDEO ARCHIVE」

   

スクリーンショット 2016-01-16 10.43.16

CANOE SLALOM VIDEO ARCHIVEと言うサイトを作りました。
サイトと言っても、ワールドカップや世界選手権の会場でリアルタイム配信されている映像データファイルを保存しているクラウドストレージにアクセスできるようにしているだけですが。

cloud.canoeslalom.jp

レースの現場で分析などに活用している映像データを公開することで、技術の向上を目指すパドラーの方々に活用して頂ければと思っています。

どんなデータ?

ICFが運営しているレースでは、オフィシャルのライブ映像が会場内で各チームにリアルタイム配信されています。
ネットでも123Resultやyoutube liveでも同じ映像が配信されています。

チームではそのデータを各選手ごとのファイルにして保存して、選手へのフィードバックや分析に使っています。

映像データは過去のも含めて管理して活用していくのですが、データのストレージをクラウド環境に移したので、公開できるものは広く公開して行く予定です。

動画比較用のUIを作りました

Parallel_View_-_CANOE_SLALOM_VIDEO_ARCHIVE

今回データをクラウド環境に移した中で、動画を2つ並べて動作の比較をできるParallel Viewと言う機能を作りました。

http://cloud.canoeslalom.jp/parallel-view.php?prefix=WorldChampionships2015/K1-Men%20Finals/

同じアングルで撮影された動画を並べて再生することで、動作の比較や特定のゲート間でどこで・どれだけ差がついているかなどの分析をしやすくしています。
そのようなツールは動画分析用のアプリケーションなどでもあるのですが、それがWebベースでできるようになったので動画を自分で持っていなくても特定の選手の比較を行うことができます。

正直再生のパフォーマンスは悪いです

現場ではかなり高画質での映像データを収集していて、それをそのままサーバに置いているので再生には高速インターネット接続が必要です。
ファイルはダウンロードできるようにもしているので、スムーズに再生出来ない場合はダウンロードして使って下さい。

環境の構成は、全面的にAWS(アマゾン ウェブ サービス)のクラウド環境を使っています。
・ストレージにS3
・WebサーバにEC2
・配信にはCloudFrontを使ってオンデマンドストリーミングをしています
・動画プレイヤーにはJW Player

今はmp4フィアルしかないため、ブラウザでは再生できない環境もあるかもしてないですが、
ゆくゆくは動画の変換もクラウド上で行おうと思っています。

クリックリンク

リオオリンピック テストイベント
http://cloud.canoeslalom.jp/?prefix=Rio+2015+Olympic+Test+Event%2F

2015世界選手権ロンドン
http://cloud.canoeslalom.jp/?prefix=WorldChampionships2015%2F

2015 U23&ジュニア世界選手権 ブラジル
http://cloud.canoeslalom.jp/?prefix=Junior+U23+2015+World+Championships%2F

 - canoe/kayak, php